くびれを作るためにおすすめの筋トレメニューと大切な食事管理法

くびれを作るための食事

本来、くびれを作るための食事であれば食事制限などのダイエット食が想像されやすいですが、今回紹介するのは筋肉を付けるための食事です。

ウエストを補足するための食事はウエストだけならず背中やヒップまで細くしてしまうため、どんなに細くなってもくびれが完成しにくいです。

一方、筋肉をつけるための食事は並行して正しい筋トレを行なうことで、背中やヒップのみを大きくさせることができますのでウエストを相対的に細く、つまりくびれが作られるのです。

高タンパク低脂肪

これが筋肉をつけるための食事の基本です。

タンパク質は筋肉の材料となる栄養素ですので、しっかり摂取しましょう。

目標摂取量は体重1kgにつき2gです。

つまり、体重が60kgの場合120gが目標摂取量となります。

また、摂取のタイミングもとても大切です。

120gのタンパク質を晩御飯でいっぺんに摂取してしまっては、朝や午前中の時間でタンパク質が不足してしまいます。

コマ目に、まんべんなく摂取するようにしましょう。

タンパク質に関してはこちらの記事でも詳しく解説しています。

タンパク質とは対照に、脂質は避けるべき栄養素の一つです。

少量でも非常に高カロリーなため、想像以上のエネルギー量を摂取してしまうことになります。