【初心者必見】腕立て伏せの本当に正しいやり方と注意すべきポイント

created by Rinker
ボディテック(Bodytech)
¥1,180
(2019/9/6 11:07:03時点 Amazon調べ-詳細)

さらに、負荷を強くしたい場合は、リュックにプレートなど重いものを入れから腕立て伏せを行う方法はおすすめです

5キロプレートや10キロプレートを入れて行うだけでも、いつもよりかなり負荷を強くすることができます。

筋肥大のために新しい刺激を与える事を目的とするなら一番おすすめの方法ですよ!

まとめ

腕立て伏せはどうせ自重だからと思っていても、テクニックにより十分に筋肥大をさせることが可能です。要はやり方次第ということ

自分の体の使い方や筋肉への効かせ方がうまくなる程、そこまで高重量を扱わなくても筋肉を大きくさせることができるので、まずは感覚を磨くことが大切です。

なので、重量や回数を追い求めていく中で、かなりパンプアップした感覚や熱く痛くなる感覚など筋肥大する時の感覚を実感できるようになります。

後はこれを繰り返していくだけなので、自宅で腕立て伏せしかできない人はテクニックを磨きましょう。

エビデンスにとらわれ過ぎて自分のトレーニングを見失わないようにする事も意外と重要なので、参考程度にとどめておくことをおすすめします。

Source: ジンガーフィットネス|筋トレフィットネスメディア
【初心者必見】腕立て伏せの本当に正しいやり方と注意すべきポイント