【初心者必見】腕立て伏せの本当に正しいやり方と注意すべきポイント

【初心者必見】腕立て伏せの本当に正しいやり方と注意すべきポイント

腕立て伏せといったら、筋トレを行なっていない人でも、一度はやったことがある種目ではないでしょうか??

筋トレを初めて始める人にとっては必ず行う種目といってもいいくらいメジャーです。

今はわかりませんが、僕が子供の頃は中学校や高校の体育の授業では、よくやっていた経験があります。

ですが、自重の負荷だけで自分の理想とする大胸筋を手にいれる事が出来るか疑問に思う人も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では実際に細マッチョになれた私の実体験を元に、腕立て伏せの正しいやり方から、筋肥大を目指す効果的な回数やセット数、毎日行っても良いのか?などについて詳しく解説していきます

腕立て伏せをこれから始めるという方は是非チェックしてみてください。

ジンガー

[/say]

腕立て伏せで鍛えられる部位と効果について

腕立て伏せを行う事で主に以下の部位に負荷を与えることが出来ます。

ベンチプレスはベンチに仰向けになるので、主に使用される筋肉は

  • 大胸筋
  • 上腕三頭筋
  • 三角筋前部

と少ないですが、腕立て伏せは地面に対して体の正面を向け、体幹を真っ直ぐに保たなければならないので、その分使用する筋肉が多いのが特徴です。

MEMO

メインは大胸筋です。

腕立て伏せを行うとどういった効果が期待出来る?

そして腕立て伏せを行う事で、