サプリメントの基本知識!効果・副作用から選ぶ際の注意点を徹底解説!

過剰摂取による悪影響

サプリメントの摂取による身体への悪影響は主に栄養素の過剰摂取によるものです。

普段の食事から栄養素が適度に摂取されているのにもかかわらず、

  • サプリメントの摂取を続けた場合
  • サプリメントの推奨量を守らず過剰に摂取した場合

このような摂取の仕方をしていると、栄養素の過剰摂取による悪影響が現れます。

すぐに身体に悪影響が現れなくても、長期的に過剰な摂取が続いた場合はそれを代謝する内臓が疲弊し、将来的に内臓の疾患がんの原因となってしまうことがあります。

なので、過剰摂取には十分注意してください。

飲み合わせによる悪影響

ある特定の栄養素、もしくは医薬品を同時に摂取した場合、相互作用により身体に悪影響をお及ぼす場合があります。

有名なものとして利尿薬ビタミンCの併用が挙げられます。

ビタミンCはジュースなどにも簡単に添加することのできる栄養素ですが、これを利尿薬と同時に摂取した場合は尿路結石が起こる可能性があります。

これらの併用禁忌を個人で調べるのには限界があるので、医者に薬を処方して貰う場合は、自分が今どんなサプリメントを摂取しているのかをしっかりと伝えるようにしてください。

症状が出てからでは遅いですから。

サプリメントの選び方の注意点

では次は、サプリメントを購入する時の注意点をいくつか紹介します。

間違ったものを購入してしまうと本来、健康をもたらすことが目的のサプリメントですが、上手に機能せず身体に害をもたらしてしまう場合もあるので注意してください。

内容成分を全て確認する

サプリメント購入の基本です。