サプリメントの基本知識!効果・副作用から選ぶ際の注意点を徹底解説!

サプリメントは食品

それに対しサプリメント、つまり健康補助食品は名前からも分かるように「食品」として販売することが可能です。

このサプリメントには人間が本来持ち合わせている自然な成分が主成分となっていますので、医薬品には認定されません。

その為、販売するための広告として使える表現は薬事法により幾つか制限があるものの、様々な機関で自由に販売することが可能なのです。

まとめると、

  • サプリメントは食品と呼べるほどの自然な成分を主成分
  • 医薬品はその効能を確立するために人間が本来持ち合わせていない特別な薬品を含んでる

このような違いがあります。

なので、サプリメントを摂取したときの効果は医薬品ほど強くないものの、健康にもたらす影響は医薬品よりも少なくより安全だということですね。(医薬品が危険という意味ではない)

サプリメントは必須?必要ない?どっち?

子供の頃から好き嫌いをせず、色んな種類の食品を食べるように指導されてきた人は多い思います。

ボクなんかも嫌いなものを残したらよく頭を叩かれて、無理矢理食べさせられた経験がありますから。。。思い出したくもない。

これはサプリメントなどに頼らずとも、必要な栄養素をまんべんなく摂取するために非常に大切なことですが、個人的には別に必須というわけではないと思っています。

それは、科学の発達により現在では様々な種類のサプリメントが販売されていて、これらの利用を極端に避ける必要もないからです。

食べ物の好き嫌い、もしくはアレルギー、もしくは思想により食べ物に制限が出てしまう場合は少なからずあります。

多くの科学者がそういった食事に偏りが出てしまう人のために様々なサプリメントの開発を研究してきました。

特に現在ではイギリス、ヨーロッパを中心に動物愛護の観点から動物性食品を摂取しないヴィーガンベジタリアンといった思想を持った人が急激に拡大してきています。