サプリメントの基本知識!効果・副作用から選ぶ際の注意点を徹底解説!

基本的には栄養摂取は食品(天然の食材)から摂取することが大切です。

食品(天然の食材)から摂取することが大切です。

大事なので2回言いました。笑

サプリメントだけに偏っている人がいますが、あれは本末転倒ですので。

では、何故サプリメントだけではいけないのか。

それはサプリメントはある特定の成分のみを含むのに対し、食品(天然の食材)には様々な栄養素を満遍なく含んでいるからです

仮に、主食であるご飯を摂取する代わりに炭水化物のサプリメントを摂取した場合、ご飯に含まれる炭水化物以外の様々な栄養素を摂取し損ねてしまいます。

食品には私たちが全て把握出来ないほど多くの栄養素が含まれています。

これらを基本として摂取することで身体は健康を保つことが出来るのです。

サプリメントと医薬品の違いについて

サプリメントを摂取する場合、その栄養素が身体にもたらす特定の効果を期待して摂取する人がほとんどです。

そういった意味では薬、つまり医薬品と非常に似ていますが、それらの違いはなんなのか、ちょっと解説しますね。

医薬品とは

まず初めに医薬品ですが、これは”病気の予防や治療を目的とし病院や薬局でのみ販売が許可されている物”を指します。

医薬品として販売するためにはその成分や効能を調査し、厚生労働省からの認定を受ける必要があります。

この医薬品に含まれている成分は本来人間がもっている自然の成分以外の物が含まれていることが多いです。