カルニチンの主な効果と副作用。おすすめの摂取方法と目安量を紹介

これは豚肉の約5倍以上カルニチンが含まれています。

牛肉の場合ならさっとしゃぶしゃぶなどで味わうことが、できるのでそこまでカルニチンが減ることはないです。     

それに赤身の牛肉であれば、脂質もそこまで多くないのでダイエットにもおすすめの食材の1つです。(霜降りはダメ)

タンパク質も摂取できて、カルニチンも豊富。

赤身の牛肉は今後もっと注目されていくと思いますよ。

まとめ

最近では脂肪燃焼ならカルニチンと言われるようになってきました。

ですが、このカルニチンも他の成分と一緒に摂取したほうが効率的ですので、単体で購入するよりはいろんな成分が配合されているサプリをチョイスするといいですよ。

話題のHMBが配合されているサプリやダイエットにおすすめのサプリや筋肉の成長に欠かすことができない成分もありますから。

運動だけでダイエットしようとすると、脂肪ではなく筋肉が減ってしまい基礎代謝が低下、その後リバウンドしてしまうような悪循環になってしまいます。

サプリメントを活用し、賢くダイエットを成功させてください。

Source: ジンガーフィットネス|筋トレフィットネスメディア
カルニチンの主な効果と副作用。おすすめの摂取方法と目安量を紹介