カルニチンの主な効果と副作用。おすすめの摂取方法と目安量を紹介

また、常日頃から仕事が忙しくて不摂生をしてあまり肉などを食べていない人も注意が必要です。

動物性食品を摂取する混食の人の1日の平均摂取量が120mgなので、しっかりと動物性食品を食べているならサプリ等は不要です。

しかし、ヴィーガンやベジタリアンの人の平均摂取量は10mgなので、、ヴィーガンやベジタリアンの方が栄養を補助するために摂取する場合、100~150mg程度サプリメントとして摂取するといいでしょう。

飲むなら運動前がおすすめ

脂肪燃焼が目的の場合は運動の30分ほど前に100mg程度摂取すると脂肪燃焼が効率的に進みます。

上記で紹介した脂肪燃焼サプリメントを摂取している場合も全て同じタイミングで摂取して構いません。

カルニチンの副作用

カルニチンの副作用ですが、基本的に上記の上限摂取量を基本的に守れば副作用がでる心配はほとんどないはずです。

ただし、過剰に摂取した場合、腎臓から尿として排泄されるため腎臓に負担をかけ、将来的に腎臓になんらかの疾患を抱えてしまう場合もあるかもしれないので注意してください。

また、サプリメントなどを活用してなにかしらの症状が出た場合も、すぐに摂取をやめるようにしてください。

カルニチンが多く含まれるいるおすすめの食材

カルニチンが多く含まれるいる身近な食材には ラムマトンなどが多く含まれています。      

しかし、これらの食材は結構くせがあって食べれない人もいるし、カルニチンって熱に弱いのであまり焼いたりしないほうがいいと言われています。

そこでラムやマトンの次にオススメなのが赤身の牛肉です。