カルニチンの主な効果と副作用。おすすめの摂取方法と目安量を紹介

カルニチンと一緒に摂取したい栄養素

カルニチンを活用し、体脂肪を燃焼させるために一緒に摂取するべき栄養素を紹介します。

カルニチンはあくまでも体脂肪をエネルギーとして活用する場合にのみアプローチしますので、体脂肪を分解するフェーズをサポートする栄養素と一緒に摂取することでより効果的に体脂肪を燃焼させることができます。

共役リノール酸

共役リノール酸は主に乳製品から摂取できる脂肪酸で、体脂肪を分解する働きを持つホルモン感受性リパーゼ活性化させる働きを持ちます。

また、筋細胞に栄養を送り込む働きを持ち、脂肪酸はもちろんタンパク質を筋肉に運搬することで筋肥大をサポートします。

カルニチン同様、ラクトベジタリアン以外の菜食主義者は食品から摂取することができません。

動物性食品を摂取する方でもあまり多く摂取することができない栄養素ですので、サプリメントなどを利用した方が効率よく摂取することができます。

α-リポ酸

抗酸化物質としてサプリメントになっていることが多いこのαリポ酸は、糖質や脂肪酸をエネルギーに変換するサポートをする役割も持ちます。

カルニチンによりミトコンドリアに入った脂肪酸はβ酸化という経路を経てアセチル-CoAまで分解されます。

糖質の場合は解糖系を通してピルビン酸に分解された後、脂肪酸と同様にアセチル-CoAに変換されます。

このアセチル-CoAがTCA回路というエネルギー産生回路に入ることで、最終的なエネルギーであるATPになりますが、このTCA回路をスムーズに回すためにα-リポ酸の働きが欠かせません。

αリポ酸は、緑黄色野菜やじゃがいも、レバーなどに含まれていますが、その量は多くはありません。できればサプリメントなどを利用しましょう。

ハーブエキス

ハーブエキスにより脂肪を燃焼させようというサプリメントが多く販売されています。

有名なものでDHCのフォースコリー、芸能人を使ってCMをたくさん打っていました。