カルニチンの主な効果と副作用。おすすめの摂取方法と目安量を紹介

基本的にアミノ酸は20種類でその中に、このカルニチンは含まれていません。

それでも、アミノ酸と表記されることもあるのは、カルニチンは必須アミノ酸のリジンメチオニンを肝臓で合成することで作られる物質だからです。

少しややこしいですよね。

基本的には人体を構成することがなく、あくまでリジンというアミノ酸と、メチオニンと アミノ酸から合成された物質と考えましょう。  

また、他にもビタミンÇ、B3、B6と鉄などといったものから作られたり、エネルギー産生をサポートする微量栄養素であることからビタミンの一種と呼ばれることもあります。

カルニチンの効果と働き

カルニチンの主な働きは、脂肪酸がミトコンドリアに出入りするためのトランスポーターの役割です。

体脂肪を減らすためには、エネルギー欠乏状態で体脂肪を脂肪酸に分解し、その脂肪酸を筋肉でエネルギーとして活用する必要がありますが、このカルニチンは脂肪酸をエネルギーとして活用する場合に大切な働きをしています。

脂肪酸をエネルギーとして活用するためには筋肉細胞のミトコンドリアに入り代謝される必要がありますが、脂肪酸単体ではミトコンドリアに入ることができません。

脂肪酸はミトコンドリア侵入前にアシル-CoAに代謝され、その後カルニチンと結合することでやっとミトコンドリアに入りエネルギーとして活用できるのです。

難しい言葉が出てきましたが、簡単にいえば、カルニチンには脂肪燃焼効果があるということを覚えておけば間違いありません。

なので、カルニチンが欠乏すると、脂肪酸をエネルギーとして活用できないため体脂肪が効率よく減りませんし、筋肉が脂肪酸という大きなエネルギー源を失い慢性的な疲労感に襲われるなどの症状もでる場合があるわけです。

必須アミノ酸ではないけど、筋肉や脂肪を減らすには必要不可欠な成分ってことです。

その他にも筋肉の分解を防いでくれる働きであったり、脳の働きを活性化させたり、筋トレに大事なテストステロンを高めてくれる効果があると言われています。