クエン酸の主な特徴・効能は?筋トレへの効果とおすすめのサプリメント

クエン酸ドリンクの作り方

以前にカーボサプリメントを用いたワークアウトドリンクの作り方を紹介しましたが、そこにクエン酸を追加すると、更に飲みやすく、そして効果的なドリンクが完成します。

水1Lに対して、糖質を30g、クエン酸を2~3gを混ぜましょう。

更に追加すると効果的なものを紹介します。

  • 塩 1~2g
  • EAAもしくはBCAA 5~10g
  • カリウム 0.5~1g

糖質はエネルギー源に、クエン酸は対疲労、塩とカリウムはミネラル補給、アミノ酸は筋分解の抑制など、それぞれの成分がそれぞれの意味を持っています。

自分のトレーニングスタイルに合わせて、オリジナルのワークアウトドリンクを作るのはなかなか楽しいですよ。

クエン酸とダイエット

クエン酸はTCA回路(クエン酸回路)でのエネルギー産生を活発にする働きがあるので、上手に利用することでダイエットにも効果的です。

今回ここで紹介する方法は脂肪酸を上手にエネルギーとして消費し、体脂肪を燃焼させる方法です。

体脂肪は脂肪酸へ分解された後、β酸化と呼ばれる代謝を経てアセチルCoAへと変化します。

アセチルCoAはTCA回路(クエン酸回路)を循環させるための始まりの物質です。

クエン酸を摂取し、TCA回路を活発にさせることで上記のような方法でのエネルギー産生を優位にさせて脂肪を燃焼させようというのが、今回紹介する方法です。

しかし、クエン酸の摂取だけでは体脂肪以外に糖質もエネルギーとして利用されてしまいます。