クエン酸の主な特徴・効能は?筋トレへの効果とおすすめのサプリメント

”疲労の原因である乳酸を減らして疲労回復の手伝いをしてくれる成分”

と覚えておけばいいかなと。

だから疲れている時やスポーツを行っている時にクエン酸を摂取した方がいいわけです。

クエン酸の摂取による筋トレへの効果

疲労物質である乳酸を減らすことで疲労回復効果があるクエン酸ですが、これは筋トレをしている方にも、とても効果的な成分です。

というのも、筋トレは無酸素運動の王様のような運動で、乳酸をとても多く作り出します

そのため、疲労も他の運動とくらべて桁違いに大きいわけですが、クエン酸はこの乳酸を減らすことができる成分なので筋トレをしている方にとってはまさに嬉しすぎる成分なのです。

また、トレーニング後に吸収の早い糖質などと一緒に摂取することで、筋グリコーゲンの回復を高め貯蔵量を増やす働きもあります。

筋トレで身体をいじめた後にはクエン酸を摂取して、しっかり体を労ってあげましょう。

クエン酸の摂取方法や副作用について

クエン酸の1日の推奨摂取量は2gですが、運動をしている場合は5gの摂取が理想です。

過剰に摂取した場合の副作用は報告されていませんが、下痢の可能性はあるようです。

クエン酸は摂取後2時間に渡り効果を発揮しますので、摂取タイミングは筋トレ前後の2回がおすすめです。

この2回の合計で5gを摂取するようにしましょう。

ワークアウトドリンクき加えることで、酸味が増し飲みやすくなるので、そのような摂取方法もおすすめです。

その場合は、トレーニング中(ワークアウトドリンク)とトレーニング後の摂取にしましょう。