筋トレと有酸素運動を組み合わせするメリット・デメリット!本当にいらない?

強度が高くなればなるほど、疲労も溜まりやすくなりますし、怪我につながる恐れもあります。

息切れがしない程度で走れるスピードで行うようにしましょう。

ウォーキング

初めてダイエットや減量をするならウォーキングでも問題ありません。

ジョギングよりもカロリー消費は少ないですが、疲れにくく長時間行うことができるメリットもあります。

それにほとんど怪我などの心配もないので、高齢者の方や運動経験がない人には特におすすめできる有酸素運動ですよ!

あとどこでもできるのも大きなメリットかもしれません。

水泳

近くにプールがあるなら水泳もおすすめ。

水泳は水の抵抗を受けるので、消費カロリーが他の有酸素運動と比べても高いです。

それに水泳といっても水の中を歩くだけでもいいですし、平泳ぎなどの強度が低い種目でゆっくりやっても問題ありませんから。

他の有酸素運動に飽きたりしたら取り入れてみてください。

まとめ

今回書いてきた内容をまとめると以下の通りです。

記事まとめ

  • 身体を大きくしたい人は有酸素運動をせずに筋トレのみで行う
  • 減量やダイエット中で筋肉量を落としたくない人は筋トレと有酸素運動を組み合わせる
  • 筋トレと有酸素運動の日を分けて行うのが理想だが、同じ日で行っても減量目的の人の場合は問題ない
  • 筋トレの後に有酸素運動という順番は必ず守る
  • 筋トレ中・筋トレ後にサプリメントを摂って集中力の維持や筋肉の分解を抑制

筋トレと有酸素運動の組み合わせによってトレーニングの内容が大きく変わるので、目的をはっきりしてからトレーニングを行うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です