オーバーヘッド・トライセプス・エクステンション(ケーブル)のやり方とポイント!

肘は動かさずに行う

ケーブルロープ・オーバーヘッド・トライセプス・エクステンションは、上方に持ち上げる種目です。そうでないと上腕三頭筋に刺激が入りません。

肘を動かすと楽なので、肘を動かしてしまう人がいますが、肘を動かすと肩を使うことになり、きちんと上腕三頭筋に刺激が入らなくなるので、肘は固定して行うようにしてください。

最初の位置から動かさないように意識することが大切です。

体を前傾にしないようにする(バランスを保つためならOK)

これは肘を動かさないと同じ理由なのですが、ケーブルロープ・オーバーヘッド・トライセプス・エクステンションは体を前傾させると体重で引っ張ることができてしまいます。

重い重量で行うと体が後ろに引っ張られて真っすぐ立っていられない場合は、やや前傾姿勢にしても良いです。

しかし、その前傾した角度をトレーニングを行っている最中に更に前傾すると、ピンポイントで上腕三頭筋を鍛えることができません。

なるべく、一度決めたら最後まで同じ角度を保ちましょう。

それほど重い重量で行う必要はない

あまり重い重量で行うとまず最初のスタートポジションになれないという人も多くいますが、スタートポジションになれないくらいの重さでやる必要はありません。

ケーブルロープ・オーバーヘッド・トライセプス・エクステンションは、かなり軽い重量でも効かせることができる種目なので、スタートポジションくらいは簡単に取れる重さで行いましょう。(慣れもありますが)

あまりに手ごたえがなければ、徐々に重くするのは問題ないですが、まずは軽めで効かせるように工夫してください。

戻す時はゆっくりと行う

ケーブルマシンで行う種目全般に言えることですが、ケーブルマシンは動作の初めから終了まで均等に負荷が筋肉に入ります

これはバーベルやダンベルでやる筋トレとはまったく異なる部分です。(バーベルやダンベルは角度によって負荷が変わってしまう)

なので、ケーブルは戻す時に負荷がかなり強くかかりますので、ゆっくりと戻して負荷をかけるようにしてください。これで効果がだいぶ違います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です