オーバーヘッド・トライセプス・エクステンション(ケーブル)のやり方とポイント!

腕の中でも上腕三頭筋と言われる部位で、腕の裏側の筋肉です。

この部分が鍛えられると腕周りが非常に太くなって迫力が出てきます。

あまり腕の裏を鍛えたくないという人も多いですが、逞しさを演出するには上腕三頭筋のトレーニングは欠かせないものです。

ケーブルロープ・オーバーヘッド・トライセプス・エクステンションは、特に上腕三頭筋のトレーニングとしては効率の良いトレーニングになので、やり方と覚えておいて損はありません。

ケーブルロープ・オーバーヘッド・トライセプス・エクステンションの正しいやり方と注意点

実践は1分50秒辺り~

やり方
①ケーブルマシンの下の滑車にアタッチメントをつける(ロープ状のアタッチメント)

②重量を調整してケーブルマシンを背中にしてアタッチメントを両手で握る

③肘を立てて耳の横に腕を固定する(スタートポジション)

④肘だけを伸ばすつもりで上にアタッチメントを引っ張る

⑤ゆっくりと元に戻す

以上を繰り返すのがケーブルロープ・オーバーヘッド・トライセプス・エクステンションになります。

ケーブルロープ・オーバーヘッド・トライセプス・エクステンションの主な注意点とポイントは

  • 肘は動かさずに行う
  • 体を前傾にしないようにする(バランスを保つためならOK)
  • それほど重い重量で行う必要はない
  • 戻す時はゆっくりと行う
  • トレーニングの終了時には気をつける

この5つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です