インナーマッスルの基礎知識と鍛えるためにおすすめの筋トレメニュー

腸腰筋は、脚を引き上げる運動で鍛えることができます。

他のインナーマッスルのトレーニング同様に、軽い重量で丁寧に行なうようにしてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

インナーマッスルについては諸説ありますが、今回は骨格や関節をサポートする靭帯のような役割がある筋肉、ということで紹介をしました。

実際、これらの筋肉を鍛えることは怪我を防ぐためにもアスリートには必須です。

しかし、鍛えたからといって身体パフォーマンスが著しく向上するわけではありません。

インナーもアウターも、その機能をしっかりと理解し鍛えることが大切ですので、これからもトレーニングについて考え続けることが必須でしょう。

インナーマッスルの基礎知識と鍛えるためにおすすめの筋トレメニュー
Source: ジンガーフィットネス|筋トレフィットネスメディア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です