インナーマッスルの基礎知識と鍛えるためにおすすめの筋トレメニュー

腹部のインナーマッスル

特にインナーマッスルとして人気なのが、体幹部の筋肉である腹部のインナーマッスルです。

「体幹が大切!」

というのも、

「インナーマッスルが肝心!」

という言葉ぐらいよく聞きますよね。

上半身と下半身をつなぐ大切なパーツである体幹が、トレーニング不足でゆるい状態だと下半身で産み出した力を上半身に上手に伝えることができません。

野球の投球などでも、下半身の力を上半身に伝えることが大切ですが体幹が緩いと、この工程が上手に行きません。

特におすすめなトレーニングがプランク。

四つん這いのフォームを1分キープしてみましょう。

アイソメトリックトレーニングと呼ばれますが、正しい姿勢を作るために最適のトレーニングです!

股関節のインナーマッスル

最後に紹介するのが、股関節のインナーマッスルです。

「腸腰筋」は走るために大切と言われている筋群ですが、ご存知ですか?

脊柱から生え、骨盤を通過し大腿骨に癒着しているこの筋肉は、骨盤まわりの姿勢を整えるためにとても大切な筋肉なんです。

鍛えることで、体幹部のインナーマッスル同様、下半身の力を上半身に上手に伝えることができるほか、腰痛や肩コリを改善することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です