インナーマッスルの基礎知識と鍛えるためにおすすめの筋トレメニュー

脊柱から内蔵を横断するようにかかっている腸腰筋がインナーマッスルです。

腹部の場合は、

シックスパッドに割れることからもわかるように腹直筋が最も表層部でアウターマッスル。

インナーマッスルには、腹横筋、内腹斜筋、横隔膜などが該当するはずです。

インナーマッスルもアウターマッスルも同じ「骨格筋」ですので、骨格を動かすという意味では同じ働きを担い、また特徴も同じですので筋肉が大きく(強く)なる仕組みも同じです。

つまり、上記で紹介したような

ウエイトトレーニングではインナーマッスルを鍛えることができない

という考えは間違いになります。

インナーマッスルの機能について

インナーマッスルの機能としては、

  • 三角筋とローテーターカフ
  • 大腿四頭筋と腸腰筋
  • 腹直筋と腹横筋

これら3つが主な機能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です