インナーマッスルの基礎知識と鍛えるためにおすすめの筋トレメニュー

  • ウエイトトレーニングで鍛えたアウターマッスル(表面的で安易な肉体改造)は野球では”使えない筋肉”である。
  • インナーマッスルこそ”使える筋肉”であり、ウエイトトレーニングなどでは鍛えられないために走り込みをするべき

と考えるOSの古い脳みそを持った日本の野球業界を皮肉っていることが考えられます。

ここから察するに、おそらくインナーマッスルについて興味を持たれている読者の皆さんも、

”使える筋肉”を鍛えるためにはどうしたらいいのか?という問の答えを探しているかと思いますので、今回はそれらについて解説していきたいと思います。

インナーマッスルとアウターマッスルの違い

  • インナーマッスル:深層部の筋肉
  • アウターマッスル:表層部の筋肉

名前を読み解く限り、2つの筋肉の違いは存在している位置に他なりません。

例えば、肩関節周辺の筋肉であれば、

最も表層部にある三角筋がアウターマッスル

深層部にある肩甲下筋、棘上筋、棘下筋、小円筋などのローテーターカフと言われる筋群がインナーマッスル

と呼ぶことができます。

また、股関節周りであれば、

大腿直筋を始めとする大腿四頭筋がアウターマッスルであるのに対して、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です