【腹筋の筋トレ】ダンベルサイドベントで脇腹を鍛えるやり方と注意点

離れてしまうと腹斜筋の収縮が弱まってあまり効果がなくなってしまいます。

体の脇から太ももの横を滑るように行うのが理想です。

あまりにも離れる場合は重すぎるのかもしれません。一旦軽い重量でやってみましょう。

ダンベル以外の活用もできる

ダンベルサイドベントは基本的にダンベルを使って行うので、ダンベルがない人はそれに相当する重さの物を代替わりにしてもいいでしょう。

例えばポリタンクに水をいれたり、ショルダーバッグになにか重い物いれたりとかしてもできなくないので、ダンベルがない人でも大丈夫です。

しかし、ガッツリと筋トレをしてこれから先、鍛えていくのであれば、ダンベルなどの器具は必要になるので、購入してしまってもいいでしょう

無理に揃える必要はないですが、自分への自己投資として揃えておくのもアリです。

以上がダンベルサイドベントの注意点とポイントになります。

ダンベルサイドベントのセット数や回数

次にダンベルサイドベントを行う際の

  • 初心者
  • 中級者

それぞれにおすすめのセット数や回数を紹介します。

初心者は15回3セット

腹筋は比較的疲れにくい筋肉なので、初心者でも15回程度で3セットを行います。

ただし、フォームがしっかりしているということが条件になりますので、鏡を見ながらきちんとしたフォームで行っているか自分でチェックをしながらやってください。

中級者は20~30回を3セット

中級者はフォームはしっかりとしてきていると思いますので、重量を上げて20回程度をやりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です