【腕の筋トレ】ダンベルフレンチプレスで上腕三頭筋を刺激するやり方と注意点

  • ダンベルを上下させるときに肘を前後に動かさない
  • 胸を張って姿勢は正しく
  • 限界までやる際は気をつける
  • 片手ずつやるのもおすすめ
  • ダンベルを持つ手は手のひらを上に向ける
  • 最初は座って行う
  • 肘はできればしっかりと伸ばす

この7つです。ではそれぞれ説明していきますね。

ダンベルを上下させるときに肘を前後に動かさない

ダンベルを上下させる時に肘の位置を動かしてしまう方がいます。

これは肘を動かすことで勢いをつけてできるので楽になるからですが、楽をしてしまうとそれだけ上腕三頭筋に負荷が入らないということになってしまいます。

なので、肘は常に同じ位置に固定させて行うようにしてください。

「肘を固定すると回数がほとんどできない」というのであれば、それはダンベルが重すぎるということです。

重量はじぶんでコントロールできるくらいの、重量のダンベルをつかって行うようにしましょう。

胸を張って姿勢は正しく

胸を張ってやるように心がけるようにしましょう。胸を張らないと自然と姿勢が悪くなります。

当然重力と言うのは真下へかかってくるので、姿勢が悪いと負荷が本来かかるべき場所とは違った場所に負荷がかかってしまいます。

せっかく上腕三頭筋を鍛えるためにやっているトレーニングが、どこを鍛えているのかよくわからないということになってしまいます。

それに、そもそも変なところに負荷をかけ続けると怪我の原因になります。

必ず胸を張って正しい姿勢を維持するようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です